住宅ローン予算の相談方法は?

住宅ローンの相談の中で、予算をどう考えればよいか、というものがあります。
お洒落なモデルルームにはついウットリしてしまうものです。
案内してくれた不動産会社の営業マンは、お目当ての家を買うための資金プランを立ててくれます。
気持ちが盛り上がっている状態で、返済額は毎月いくらです、家賃並みの返済で買えるのですから家賃を払うよりお得では、と言われてしまえば、そうかもしれないと感じてしまうものです。
ところが、これは住宅ローンで失敗する典型的なパターンです。
毎月の返済額だけを見て、これは買えるかもと思ってしまうのは非常にリスクの大きなことなのです。
家を買えばローン以外にも固定資産税などの税金もかかりますし、ローンを返しながら将来のために貯蓄していく必要もあります。
失敗しないためには、ローン返済額以外の支出も合わせて考えて予算を決めることです。
先に物件を決めてしまうと、無理なく返せる金額が2000万円ぐらいなのに3000万円のローンを組んでしまうなど、借り過ぎてしまいがちになります。
無理のない予算を把握することがとても大切なのです。