カードローンの審査に落ちる決定的な理由って?

カードローンは担保も要りませんし、保証人も必要としません。
借りる側にとっては非常に借りやすい金融商品です。
この金融商品を扱う銀行、信販会社、消費者金融にとってはリスクの高い金融商品なのです。
そのためにこの金融商品の金利は他のローン商品よりはずっと高くなっているのです。

誰もがこの金融商品を利用できるわけではありません。
20歳以上である事が必要ですし、定期的な収入があることが必要となるのです。
アルバイトでもいいですので、月々の収入があれば、限度額は低いのですが、審査は通るでしょう。
しかし、実際には審査が通らない人もいるのです。
審査に落ちる理由はさまざまですが、決定的な理由としては、複数の金融機関から同じような金融商品の借金があることです。
つまりは多重債務者なのです。
多重債務者ですと、お金がないので、借りるのです。
ざるに水を入れるのと同じです。
多重債務者でも収入が多ければいいのですが、少ないといつか破産して、元金はもとより利息も払えなくなるのです。